忍者ブログ
キャッシング関連ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一部の色が区別しづらいだけで日常生活にはほとんど影響ないが、「色盲」「異常」などの言葉の語感ゆえ誤解・理解不足による偏見を招き、かつては社会生活に多くの面で不当な差別の対象となった。

 

強制検査

上述のとおり従来は小学校で毎年全児童を対象に色覚検査が行われていたが、1994年以降は4年次における1回だけになり、2003年からはその検査もなくなった。しかし、強制ではなく希望者に対して行う形の検査は、行われているところもある。また、従来は労働安全衛生法で雇用者に義務づけられた雇い入れ時健康診断の必須項目の中に、色覚検査が加えられており、新規採用社員は強制的に色覚検査を受ける必要があったが、2001年からこの規定は廃止された。

 

大学への入学制限

以前は多くの大学が入学制限を課しており、中には、医師免許の取得には昔から色覚による制限がなかったにもかかわらず、入学者選考時に色覚制限を課す大学が多かったなどの矛盾が見られた。1993年以降すべての国立大学で色覚による制限はなくなり、私立大学もそれに準じている。

 

会社への就職制限

上述のとおり雇い入れ時健康診断における色覚検査は廃止されたが、これは雇用者が任意に検査を実施することを禁ずるものではなく、企業によっては制限を課しているところもある。

 

厚生労働省は、

 

色覚検査は現場における職務遂行能力を反映するものではないことに十分注意すること。

各事業場で用いられている色の判別が可能か否かを確認するだけで十分であること。

「色覚異常は不可」などの求人条件をつけるのではなく、色を使う仕事の内容を詳細に記述すること。

採用選考時の色覚検査を含む健康診断については、職務内容との関連でその必要性を慎重に検討し、就職差別につながらないよう注意すること。

各事業場内において「色」の表示のみにより安全確保等を図っているものについては、文字との併用などにより、誰もが識別しやすい表示方法に配慮すること。

という指導を行っている。しかし実情としては、同じ業種であっても色覚制限の有無は企業によってまちまちである。

 

職種の制限

日本では現在は偏見が薄れ、少しずつ改善傾向にある。運転免許については信号機の色が弁別しづらいために取得できないという誤解があるが、実際には運転免許試験場で石原表でなく、赤、黄、緑の3枚のプラスチック板の色を弁別できれば、運転免許を取得できる。これは強度の色覚異常であっても問題なく答えられる試験であり、色覚異常によって免許を取得できないケースは実際上存在しない。全色盲では取得できないことが多いが、これは色覚よりもむしろ視力の問題である。

 

運転免許が取得できるにもかかわらず、市バスなどの運転手では採用を排除しているケースが以前は多かったが、最近は色覚異常を条件としない自治体が徐々に増えている。

 

船舶免許も、パネルD15テストの結果が正常な程度の弱度の異常であれば、免許を取得できるようになっている。2004年からは、小型船舶に関しては強度異常であっても夜間の船舶の舷側灯の色が識別できれば免許を取得できるようになった。

 

動力車操縦者(電車の運転士)免許試験では色覚に異常のある者の受験を認めていない。尚、鉄道会社では採用時に色覚検査を行っており、色覚に異常のある者は鉄道会社への就職はできない。これは、国土交通省が定める、法律によるもの。

 

航空管制官採用試験では、色覚に異常のある者の受験を認めていない。

 

興味深いのは、自衛隊では戦闘機パイロットと一部の整備士、潜水艦乗組員を除いて、色覚制限が一切無いことである(ただし、自衛隊への入隊にはパネルD15テストの結果が正常である必要がある)。これは、防衛医科大学校の医官が実際に自衛官の各業務の内容を実地に精査し、色覚異常の隊員等の勤務成績も勘案した結果出された判断であって、その後10年間の追跡調査でも、色覚異常の有無による勤務成績の差は見られていない。他の職種において未だ数多く存在する差別においては、医師がその業務の実態を実地に確認したうえで制限を定めているケースは少なく、自衛隊の判断基準は一定の参考になるといえる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックのメリット・デメリット

脱毛エステの料金

レーシック マニア

PR

経年変化

人の面相は頭蓋骨の形状と、その表面にある皮膚、更にはその間にある表情筋や脂肪層などの組織によって決定される訳だが、これは生涯を通じて様々な条件によって変化し、歳を経る毎に余り気にされなくなることがある。幼少期には酷く不細工だったが、加齢と共にその人の個性と相俟って引き立つ事例も見られる。とはいえ容姿はその人の性格形成に及ぼす影響も多く、美容整形によって自信を付けた人がコンプレックスを克服、性格的にも好ましい方向で大きく変化する傾向も否定できない。これらは化粧によっても同様の効果が得られるケースも見られる。

価値観の変容

不細工はある意味で、その特徴をもって好まれる傾向が在る。若者言葉にみられる「キモ可愛い」などは、一般的価値観からしたら違和感を感じさせ、微妙におぞましげであったり、グロテスクであったりするものが、その狙ったような不自然さ、または不思議な個性故に「可愛い(好ましい)」と認識される。

 

これは従来の少女趣味的な商業製品の氾濫に対するアンチテーゼとも言え、これらのマスコットキャラクターグッズでは、不細工である程に持て囃される傾向も否定できない。狙って作られたブームでもあるため、人の面相における不細工とは意味が違うが、これらでは日本に於いて1990年代より様々なキャラクターグッズも登場、市場を賑わせている。(→ゆるキャラ、たれぱんだ)

 

このように価値観の変容は時代によっても起こっている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

コントレックス 丸川珠代

ガジュツ(我朮)はショウガ科の多年草。根茎が生薬(日本薬局方に収録)として用いられ芳香健胃作用がある。紫ウコン・夏ウコンともいう。ヒマラヤ原産。

 

広卵形の根茎と多くの塊茎がある。葉は数枚、根生し、長柄があり、長楕円形、長さ数十センチ、下部は紫がかる。葉間に広い楕円形の穂状花序があり、ほうは卵形、緑色、花は薄黄色、ほうよりややみじかい。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ウコンの力  ビリーズブートキャンプのクチコミ

コロイド(colloid)またはコロイド分散体(colloidal dispersion)は、一方が微小な液滴あるいは微粒子を形成し(分散相)、他方に分散した2組の相から構成された物質状態の総称である。また、コロイドを膠質と呼ぶこともある。

 

特に分散媒が液体の場合はコロイド溶液(英Colloidal Solution)とも呼ばれる。具体的にはフォーム、エマルション、ゲル、サスペンジョンなどがこれに含まれる。

 

このように永続的な2つの相から形成されるコロイドは相コロイド(phase colloid)とも呼ばれ、巨大分子自身が分散相となり、他の相の分散媒(dispersion medium)に永続的に分散している状態の分子コロイド(molecular colloid)と対比して使用される。一般的な物では、バター、牛乳、クリーム、霧、スモッグ、煙、アスファルト、インク、塗料、のりそして海の泡などがコロイドである。この分野は1861年にスコットランドの化学者トマス・グラハム(Thomas Graham.)により創始され、コロイド化学と呼ばれる。今日では界面化学として発展している。

 

コロイドは分散系に一般的な性質を示す。例えばコロイドはチンダル現象により発色したり光を散乱したりする。記事分散系に詳しい。

 

構造的安定化と静電的安定化の二つの機構により、コロイドは永続的な安定性を保っている。静電的安定化は同種電荷の相互反発に起因する。異なった相は一般的に異なる帯電性を持っている。それ故、界面においては電気二重層(charge double-layer)を形成する。粒子サイズが減少するにつれて表面積は拡大して行くので、静電的安定化はコロイドにおいては非常に増強されている。分散相粒子の質量では浮力や速度エネルギーはほんのわずかなもので、分散媒の電荷層同士が静電反発する力が大勢を占めている。(分散媒の電荷層により)コロイドは、一方の電極に引き寄せられるので帯電しているとみなすことができ、その場合は全ての粒子は同じ電荷に帯電したように振舞う。

 

分散コロイドは加熱や電解質の投入により凝集することができ、それは凝固物(coagulation)と呼ばれる。加熱により粒子の速度エネルギーが増大するので、コロイドの電気層を貫通できるようになり粒子は凝集し、これが繰り返されることで沈殿するまでに粒子は成長する。また電解質は(引き寄せられたイオンが)電気層の電荷を打ち消すので凝集できるようになる。

 

なお、水を分散媒とする分散コロイドの区分で電解質の投入により沈殿しやすいものを疎水コロイド、沈殿しにくいものを親水コロイドと呼び分ける場合がある。また、親水コロイドの中には疎水コロイドを取り囲んで凝析を防ぐものがあり、この様な状態のコロイドを保護コロイドと呼ぶこともある。

 

1900年代の初期、酵素学が確立する以前には、コロイドが酵素作用の鍵であるとみなされたことがあった。すなわち、大量の水系のなかに酵素はほんのわずか存在するだけで特性を変えるところが、コロイドと似ているとされたのである。それも、ATP分解酵素はATPのみを分解するといった酵素の基質特異性が発見されると否定されることになる。さらに、生命自身もコロイドが凝集することで細胞組織が生成したと説明することも可能である。このような生命の起源については生物学や生化学に詳しい。もちろん今日では(酵素作用)のコロイド説は巨大分子論(たんぱく質説)に取って代わられ、単純な動作のみを持つが、水分子の中を自由に動き回って適合する基質に作用する数多くの種類の巨大分子の集団で、謎めいた要素はなくむしろ色々な機械がそろった工場のように酵素は説明されている。色々な溶質が存在することに起因して浸透性が変化するという、溶媒である水の特性は他に代用できるものは見出し難い。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ> 

白金ナノコロイド  ランコム



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索