忍者ブログ
キャッシング関連ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

住宅ローンは前掲の通り、住居目的に制限される融資である。他の融資に比べて融資額が巨額(数百万~億円単位)となることから、金利は低く抑えられ、償還期限が30年前後と長いのが特徴である。その代わり、万一貸し倒れになった場合に融資側の金融機関がとる手段として、建物や土地への抵当権の設定したり、団体信用生命保険への加入を条件とするのがほとんどである。

 

償還期限が長期にわたるため、一般的に利用される元利均等返済の場合、返済初期の金利負担が大きくなっている。そのため、資金に余裕がある場合には、増額返済して元金を減らすことも行われる。

 

金利は、カタログ上では固定金利と変動金利を用意しているが、実際には固定金利では融資してもらえない場合も多い(特に低金利の時期にある場合)。変動金利では、長期プライムレートに連動する場合が多い。

 

2007年時点では、日本では、主に銀行や信用金庫などの民間金融機関、農業協同組合(JAバンク)、生命保険会社が手がけている。他には、財形住宅融資(財形貯蓄の残高の10倍まで融資)がある。かつては、日本政府の特殊法人である住宅金融公庫が主に融資を行い、足りない分を銀行などが融資していたが、「民業圧迫」の圧力から、住宅金融公庫は独立行政法人の住宅金融支援機構に改組され、融資業務は大幅に縮小された。他には厚生年金被保険者を対象にした「年金住宅融資」もあったが、廃止された。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

アコム

キャッシング アコム

PR

漢字音は中古音の入声の体系を残している。ただし、中古音で音節末に現れる破裂音tと考えられる音素は側面音lに変化している。一 ([iĕt]*il)、八 ([pʊʌt]*pal)

 

また朝鮮語の子音は音節内の位置や前後の音との関係で発音がさまざまに変化するが、韓国においては漢字音だけについて特に「頭音規則」と呼ばれる以下のような規則がある。

 

朝鮮語ではもともとはじき音rが語頭に立たないため、二字熟語の語頭でrが鼻音nとなる。

楽園:ragweonnagweon, 老人:roinnoin

二字熟語の語頭にある鼻音nが後ろに母音iや半母音yを伴う場合nが脱落する。

少女:sonyeo(変化なし), 女子:nyeojayeoja

原音の語頭にrが立ち、さらに母音iや半母音yを伴う場合、上記規則の双方が適用され、音節頭子音が脱落する。

理由:riyuniyuiyu, :rinii, 旅行:ryeohaengnyeohaengyeohaeng

朝鮮民主主義人民共和国における朝鮮語には上記規則はない(同国成立後に、上記規則を適用しない発音を学校教育を通じて広めたため)。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

韓国語 翻訳

韓国語 見積もり

日本では電気通信事業法附則第五条で、当分の間、電報の事業(配達の業務を含む)を電気通信役務とみなし、これに係る業務のうち受付及び配達の業務については、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)及び国際電電(旧KDD)承継人であるKDDI株式会社のみがこれを行うことができることとなっている。

 

1980年代までは、電話局や郵便局・農業協同組合・漁業協同組合・国鉄の主要駅で電報の受付を行っており、地域によっては郵便局から電報が配達されることもあったが、緊急連絡手段としての用途が薄れたことや、郵便局などの電報業務の撤退やNTT電話局窓口の削減などにより、下記のような申し込み方法を取るようになり、電報の配達自体は民間に委託している。

 

 

申込方法・受付時間

2004年現在、NTT東西のサービスでは次の方法がある。

 

パソコンからインターネット: 24時間受付でクレジットカードで支払。企業会員用の電話料金と合わせての月締払いもある。

iモード: 24時間受付で月5通以下ならば携帯電話料金と併せて請求。月5通を超える場合はクレジットカードで支払。

固定の加入電話から115: 午前8時から午後10時まで受付で電話料金と併せて請求。昔は電報の申込は、電話で115番へ申し込むこと(「託送(たくそう)」という)が殆どで、24時間受け付けていたが、合理化によって営業時間が短縮された。

NTTドコモグループ各社の携帯電話から115: 午前8時から午後10時まで受付で月5通以下ならば携帯電話料金と併せて請求。月5通を超える場合はクレジットカードで支払。

提携コンビニエンスストアからファクシミリ: ぬいぐるみ電報のみ申込が可能で、午前8時から午後930分まで受付の現金支払。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

電報ルール

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)とは、外国為替取引が行われる場の総称。外為市場(がいためしじょう)と略称することもある。

 

外国為替市場は、広義に解すれば外国為替銀行としての対顧客市場も含まれるが、一般にはより狭義に為替銀行間取引が行われる場を指す。為替銀行の顧客には、商品の輸出入を行う貿易業者を中心に、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的経済取引や、対外証券投資、対外直接投資、対外貸付け・借入れなど資本取引を行う者がある。外国貨幣の交換を行う両替商も為替銀行の顧客である。為替銀行は、こうした対顧客取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整するため、相互に外国為替の売買を行う。この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)という。銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがあるが、後者は相互に満足する出合いが限られるため、外国為替ブローカー経由取引が圧倒的に多い。銀行間取引は、一地域の市場内にとどまらず、広く他の地域あるいは外国の市場においても本支店または外国の取引銀行を通じて活発に行われる。銀行間市場には、政府・中央銀行も参加する。これは、特定の政策目的をもって為替相場に影響を与えるために行われ、この取引は市場介入と呼ばれる。

 

銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引およびスワップ取引に分かれる。直物取引は、取引の対価の受渡しが原則として取引日の翌々営業日(2営業日目)に行われるものである。先物取引は、対価の受渡しが将来の特定日に行われる取引であるが、通常直物取引の受渡し日を基準にして1ヵ月や6ヵ月などの月単位で区切った確定日を受渡し日としている(順月確定日渡し条件)。スワップ取引は、直物取引とその反対方向の先物取引、または受渡し日が異なる相互に反対方向の二つの先物取引を同時に同額、同一の相手方と行うものである。

 

銀行間市場で成り立つ為替相場は、為替銀行の対顧客相場の基準となるが、貿易業者などはこの対顧客相場をいわば与件としてさまざまな対外取引を行い、そこから生じた外国為替の需給が再び銀行間相場に反映される。銀行間市場は、当事者が毎日特定の場所に集合して外国為替の売買を行う取引所がある場合(ドイツ、イタリア、フランスなど) と、電話・ファックス・電子的媒体(コンピューター回線など)で個々に行う取引を総合した抽象的な場を指す場合(ニューヨーク、ロンドン、東京など)に分かれる。取引所がある国々の銀行間市場でも、取引所取引以外の銀行間取引が活発に行われている。取引所取引で成立する為替相場は、通常為替銀行の小口の対顧客取引の基準相場となる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

生命保険 見直し
生命保険 無料相談
生命保険 資料請求

1980年代に日本ではクレジットカード(ハウスカード)に、VISAMasterCardの国際ブランドと磁気ストライプの附いた、いわゆる「国際カード」の発行が始まり、一枚のカードで日本国内・海外ともショッピングの利用が出来る様になった他、それまで日本国内での利用に限られていたCDによるキャッシングサービスが海外でも先の「PLUS」「Cirrus」提携のCDによって利用出来るようになった。

しかしながら、クレジットカードの海外キャッシングを利用した場合は返済日まで所定の利息がかかり、また海外渡航者が必ずしもクレジットカードを所持している訳でもなく万能では無い為、渡航先の現地で直ぐに自分の預金が引き出せるキャッシュカードの需要は有ったものと捉えられていた。

一方、欧米では1980年代より一部の銀行のキャッシュカード(ATMカード)は居住国以外でも預金が引き出せるように、「PLUS」か「Cirrus」の機能が標準で備わっていた。

しかし、日本では銀行がクレジットカードの類を発行出来ない様に銀行法で規制されていた時期で、さらに「PLUS」「Cirrus」の提携条件の一つとして「海外から24時間オンラインでキャッシュカードの利用が可能である事」としていたが、現在のようにコンビニATM24時間稼働の銀行ATMが無く、銀行のシステムが終日稼働していた時代では無かったため、日本では、シティバンクの在日支店発行のキャッシュカードが唯一の国際キャッシュカードである時期が続いた。

(国際ブランドの附いたクレジットカードは、カード発行会社のシステムを24時間稼働することが国際ブランド側の発行条件としている為、予てより終日利用が可能であった。)

 

 

199612月に当時の富士銀行が邦銀で初めて国際キャッシュカード(Cirrus提携)の発行予定を発表し、次いで翌1997年に住友銀行がPLUS提携の国際キャッシュカードの発行を発表した。

これは銀行のオンラインシステムを24時間稼働する事と、銀行が国際ブランドからライセンス供与したカードを直接発行 する事から、24時間稼働のATMの出現や銀行によるクレジットカードの発行が解禁となる布石となった。

 

なお、実際には1997114日に住友銀行がサービスを開始し、先に発表した富士銀行は1117日からサービス開始となった。

 

その後、当時のあさひ銀行・大和銀行を除く各都市銀行で相次いで『預金が海外でも直接引き出せる』タイプの国際キャッシュカードの発行を開始して現在に至っている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

mastercard
マスターカード

ニュースキンを塗れ



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索