忍者ブログ
キャッシング関連ブログ
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『活性水素水』(かっせいすいそすい)とは、「活性水素」が溶けているといわれる水の呼称。水に対してマグネシウムなどの還元力を持つ金属や陰電圧を作用させると、通常の水素イオン (H+) や水素分子 (H2) の他に、反応性の高い水素種「活性水素」(原子状水素(= 水素ラジカル)(H•)、あるいはヒドリドイオン (H−))が発生してそのまま水に溶けている、という説がある。この「活性水素」が溶けているとされる水が活性水素水と呼ばれている。

 

各水素種の解説については項目: 水素 を参照されたい。

概要

提唱者によれば、活性水素とは分子状態でなく単原子で存在する水素のことであり、健康に害をもたらす活性酸素を還元して消滅させるという。しかしそのような状態の水素が何故ある条件下の水に安定して存在するのかなどについての説明はされていない。

 

電解水や金属マグネシウムを作用させた水の還元電位が低いことが原子状水素の存在の証拠のひとつとされているが、それに関しては、上述の原子状水素をもちださなくとも、第25回日本医学会総会の小久見らによる「アルカリイオン水の性質と安全性」にあるように分子状水素の過飽和状態として十分説明できるものである。

 

林秀光は人間の体には水素分子を水素原子(活性水素)に分解する能力をもっている酵素をもっていることを学会で発表した[1]。その発表で林が論じている内容は、(1) いくつかのバクテリアが有する酵素は水素分子を原子水素に活性化する。(2) 一方、水素が溶存している水は人間のさまざまな疾患を改善する。(3) これらのことから、人間は水素分子を原子水素に活性化する酵素を持ち、その原子水素の抗酸化力が疾患を改善しているのだ、というものである。しかし、林が (1) の論拠として挙げているネイチャー誌の論文[2]には、水素を代謝する酵素(ヒドロゲナーゼ)が原子状の水素が発生させるということは全く記されておらず、また、彼が人間が持つと仮定した酵素についてのより具体的な情報も示されていない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

クレジットカード 申込

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索