忍者ブログ
キャッシング関連ブログ
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本における「観光」という言葉の初出は、「観光丸」であるといわれるが、観光丸の命名に当たりなぜ「易経」を引用したかは不明であるとしている(溝尾良隆『観光学』(古今書院)p7)。この時期には、「大変珍しいもの」という程度で用いられていたもののようである。

このように、観光は明治時代からある単語ではあるが、きわめて限定的にしか用いられず、むしろ今日で言う外国人観光客誘致、インバウンド誘致といった意味合いが込められていく。ツーリズムの訳語として充てられたのも、そうした時代背景がある。

なお、中国でも「観光」は一般的ではなく、旅游、遊覧が用いられるようである。

当時から、国内観光には、遊山、遊覧、漫遊、行楽などの用語が用いられ、今日の意味合いで、つまり、国内旅行の意味も含めていうところの「観光」が定着したのは1960年代以降とされる。(前出、溝尾前掲p8

近年、再び國の光を観るという「易経」の解釈が引用されることが多くなってきた。原義を厳密に解釈すると、文字通り「見物」「物見」であろうが、「光」という比喩的表現で対象が幅広く多様な解釈が可能なことも一因であろう。

 

庶民に観光と言うものが流行り出した当初は、観光に行くという事自体に価値があり、場所や何をするのか?という事は重点に置かれなかった。しかし次第に観光に行くと言う事自体は当たり前となり、何処に行くのか?という事がステータスとなった。観光地を大きい見出しにしたパンフレット等が流行り出したのもこの時期の事である。しかしその時代も長くは続かず、大抵の観光地には行った事がある人が増え、何処に行ったという事が自慢になる時代は終わりを告げた。 この頃から観光はステータスではなくなり純粋な楽しみとしての観光が広まる事になる。具体的には場所ではなく目的が観光を引っぱる時代となった。○○をしたいからそれが出来る場所を観光しようという事である。体験型観光が流行り出したのもこの時期からである。現在はこの時代にあると言われるが、もう一歩進んだ次元にあると言う考え方もある。それは目的だけでは客は来ない、具体的には楽しい気持ちになりたいとか、癒されたいとか、ゆったりした時間がすごしたいとか、そういった感情が観光を引っぱる時代となったという考え方である。実際そういう言葉がパンフレット等に登場し始めている事も事実である。

 

なお狭義には、観光事業を指すこともある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

格安 国内旅行
旅行 情報
国内旅行

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索